・TOP > バストアップ・知識 > 胸を温めるとバストが大きくなる?

胸を温めるのがいい?

 
胸を大きくするにはどうすればいいのか?

普段、どんなことに気をつければいいのか?


このように悩まれている女性の方って少なくありませんね。

色々と方法などもあるのですが、普段の生活の中では、胸を温める事が大事です。

なんで温めるのがいいのか?こちらで解説していますので参考にしてみてください。

胸を大きくする方法を調べている女性の画像


胸を温めるとどんな効果がある?


なぜ胸を大きくするには温めた方がいいのか?

その理由は、胸を温める事で血流が良くなり、胸に栄養が届けやすくなるからです。

ですので、温めると言う事は、バストアップに繋がると言うわけです。

胸を冷やすと言う行為は、全く逆効果になってしまいます。

それと、胸だけと言うよりも、全身を温めた方がより効果的です。

なぜなら、女性ホルモンの分泌が活発化されるからです。

女性ホルモンがより分泌されると、乳腺も発達しますので、胸も大きくなっていきます。

そのような事から、胸が小さいのが悩みと言う方や冷え性の方は、普段から体を温めることを意識するといいですね。

当然、冷えと言うのは、バストにもよい影響を与えませんし、健康にも悪いですからね。

冷えが原因で、頭痛になったり、肩こりを引き起こしたり、また、生理痛が酷くなる場合もあるでしょう。

他にも、免疫力が落ちてしまうので、風邪などにもかかりやすくなるので、何一つ良い子とはありません。

では、冷え性を解消さえるには一体どうすればいいのか?

それには・・・

・栄養バランスのいい食事を摂る

・十分な睡眠時間を確保する

・適度な運動を行う


これら3つが大切なポイントになります。

なるべく、この3つのポイントを意識するようにしてみてください。

そうすれば、冷え性も改善していきますし、胸を大きくすることも不可能ではありません。

また、特に冬場は、みなさんしっかりと対策されるようですが、夏場のエアコンにも注意してください。

暑いからと言って、温度を低く設定すると体が冷えてしまうので、エアコンの温度は程々にしてすることが大切です。


ツボ押しで冷え症を改善させる!


なかなか冷えが解消されないようなら、ツボ押しを試してみるのも一つの方法です。

上記でお伝えした方法と併せて、行ってみるといいでしょう。

では、冷え性にいいツボってどんなものがあるのか?

有名なのは、次の2つです。

・三陰交(さんいんこう)

・湧泉(ゆうせん)



三陰交


三陰交というツボは、冷え性の他にも女性特有の症状に効果的なツボとなっています。

場所的には、足の内側、くるぶしの上から8〜9cmくらい上にあります。

三陰交を押すと痛みを感じるはずです。

多少痛みを感じるくらい強めに押すようにするといいでしょう。


湧泉


湧泉というツボは、土踏まずの少し上にあります。

足指を曲げると、くぼみができますが、この位置が湧泉になります。

冷え症の他にストレス、疲労回復、また、更年期障害や生理痛、むくみなどにも効果が期待できます。

ちなみにお風呂上りに行うのが一番効果的なので、習慣にするといいでしょう。

もし、ツボ刺激が面倒という方は、脱衣所に青踏み竹を置いておき、お風呂上がりにやるといいです。

(青踏み竹は100ショップで売られているイボイボが付いたものでOKです。)

胸を大きくするには、冷え症を改善させて体を温めることを考えましょう!

あわせて読みたい記事!
胸を大きくするには?
シャワーで胸が大きくなる?


体型別・コース別のバストアップ「ハリーアップ!」
どんな体型の女性でも理想のバストへと導くことに成功!今までにない効果とスピードを体感できる?その秘密に迫ります!