・TOP > 胸を大きくする方法! > お灸で胸を大きくするには?

お灸で胸を大きくなる?

 
お灸で胸を大きくする!
⇒短期間で胸を大きくしたい人はコチラ!


お灸胸を大きくすることはできるのでしょうか?

胸を大きくするには、バストアップマッサージのイメージが強いですが、その他にも色々とやり方があります。

お灸もそのやり方の1つになると思ってください。

そこで、ここでは・・・

お灸で胸が大きくなる理由について!

どのツボにお灸をすればいいのか?

お灸で気をつけることについて!
これらについて解説させていただきますので、お灸で胸を大きくしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。


お灸で胸が大きくなる理由について!


そもそも、お灸で胸を大きくすることはできるのか?

これについては、大きくなる可能性はあると思ってください。

その理由としては、お灸をすることで・・・

・血の巡りが良くなり胸に栄養が届くから!
・女性ホルモンの活性化につながるため!
・乳腺を大きくする効果があるため!
・ストレス解消にも効果が期待できるため
このようなことが挙げられます。

先ず、単純に考えてもお灸をすることで体が温まっていきます。

すると、血の巡りが良くなりますし、そうなれば胸に必要な栄養が届きますので、胸が大きくなる可能性はあるというわけです。

それに、女性ホルモンを刺激するようなツボにお灸を当てることでも、胸が大きくなる可能性はあるでしょう。

逆にストレスは、胸が大きくならない原因の一つなのですが、ストレスを受けると体内の男性ホルモンが分泌されて、女性ホルモンが減ってしまいます。

ですので、ストレス解消できるようなツボにお灸をすることで女性ホルモンの活性化につながり、また、冷え性や生理不順が改善にも期待できると言うわけです。


どのツボにお灸をすればいいのか?


お灸で胸を大きくするためには、ツボの特徴やその位置を正確に知る必要があります。

バストアップのツボとしても有名なものには次のようなものがあります。


三陰交(さんいんこう)




三陰交は、内くるぶしから指3つ分上に位置にあり、ホルモンバランスの乱れを改善したり、足の冷えや婦人科疾患で使わるツボですが、他にも、肝臓や腎臓、消化器の働きも助けてくれます。


血海(けっかい)




血海は、内側のヒザ上部から指3本分上に位置し、こちらも冷え症や生理不順など、女性特有の疾患に効果があるツボになります。


関元(かんげん)




関元は、おへそから指4本下に位置し、ストレスや血行不良タイプに良いと言われているツボになります。


お灸で気をつけることについて!


お灸のイメージと言うと、熱いとか、跡がつくイメージがあります。

ですが、市販のお灸の場合、火傷を防ぐために色々と工夫がされているんですね。

なので、それほど心配することはありませんが、皮膚が弱い方の場合、跡が残ることもあるでしょう。

人によっては、お灸の跡がなかなか消えない事があるかもしれません。

その対策としては、熱いのをいつまでも我慢しないことです。

また、1日に続けて同じところを何度もやらないことも大事です。

市販のものでは「せんねん灸」が有名ですが、よくある質問によると・・・
Q:お灸は毎日してもいいのですか?

A:お灸は自然治癒力を高めることで病気になりにくいカラダをつくります。症状を和らげるためにお灸を使うのもひとつの方法ですが、たとえば2日に1回、3日に1回でも続けることもお灸のかしこい使い方です。
せんねん灸のよくある質問のページより引用

このようにあるんですね。

ですので、毎日というのではなく、2〜3日日に1回ぐらい行うようにして続けるといいと思います。

また、お灸は火を使いますので、火事を起こさないためにも火の後始末はしっかり行いましょう。

ちなみに今では、火を使わない物もあるようなので、心配な人は、そのような物を使うのもいいですね。

お灸を行う事で、美容と健康などの効果が期待できるので、胸を大きくするためにも続けてみてはいかでしょうか?


体型別・コース別のバストアップ「ハリーアップ!」
どんな体型の女性でも理想のバストへと導くことに成功!今までにない効果とスピードを体感できる?その秘密に迫ります!